仮想通貨に向いている人、向いていない人というのはあるのでしょうか。
投資というとある程度収入があって、年収や月収の中から生活費、必要経費を差し引いて余剰が生まれる人がその余剰をつかって投資をする、という考え方が一般的だと思います。

それは間違っていないのですが、仮想通貨の世界ではやや異なります。
仮想通貨の特徴として、非常に小さな金額から投資できるという点があります。
数万円単位どころか、数千円単位で購入することができるのです。私自身も収入が少なく、とても投資をするほどの余裕はないと思っていたのですが、仮想通貨に詳しい友人に相談すると予期せぬ答えが返ってきました。「収入が少ない今だからこそ仮想通貨をやってみたほうがいい」という答えでした。

株式や投資信託を始める人というのは口座にある程度の資金がある、資金があるから投入できる金額も多い、しかしそれはリスクの大きさも意味します。
損が出ればその損を取り戻そうとして感情的になり、次第に取り返しのつかないマイナスを生む例も少なくありません。

投資とは基本的に怖いもの、リスクのあるものなのです。
しかし私のように口座残高が30万円未満で、毎月自転車操業のように生活している人間はどうでしょうか?全財産を投入したところでせいぜい30万円の損です。
もちろんそんなことになれば生活は苦しくなりますが、家賃の支払いが一ヶ月遅れる、カップめん生活が続く、などの状況には陥っても、せいぜい1,2ヶ月もすれば生活を立て直すことができるでしょう。

数百万、数千万円の世界ではなく、30万円の範囲の世界なのですから(笑)そんなわけで若く体力があり、資金の少ない人間ほど仮想通貨に向いているということです。そして仮想通貨にはご周知のとおり、大きな値上がり期待値があります。
チャンスがあるのです。

副業というには大きな出資でしたが、結果的に14万円のプラスがでました。増えた分はすぐに現金に変えて、生活消耗品などに使いました。その後も月収のほとんどをつぎこんだり、仮想通貨にはいれこみました。値上がりの波にのったこともあり、トータルの収益は大きくプラスになりました。もしマイナスで全財産を失っていたとしても100万円以下の世界ですので、人生トータルでみればそれほど怖いものではありません。私のとっての仮想通貨は少ない金額でリスクを抑えつつ夢を見ることができる、理想的な投資対象です。