初心者にもおすすめの仮想通貨のアービトラージ

大きな値動きがある仮想通貨では、初心者はどうしたら良いのかで迷いがちです。
どのような相場でも安定して儲けられる可能性があるアービトラージで、堅実に利益を積み上げましょう。
儲かる仕組みは簡単で、誰でもすぐに理解できます。

取引所ごとの価格差を利用する

個人の投資家が利用できる仮想通貨の取引所は、それぞれの需要と供給で価格が決まります。
したがって、安い取引所で買って、高い取引所で売ると、それだけで利益が出るのです。

株式などの有価証券はどこで売買しても同じ価格になりますが、各取引所が管理している仮想通貨では一時的に価格差が発生します。

仮想通貨の価格差は、時間が経つと本来の価格に戻ることで消滅するのが普通です。
限られた時間で売買を完結させると、アービトラージによる投資運用が成立します。

手数料が安いことが重要

初心者でも高い確率で成功するのが、仮想通貨のアービトラージです。
これからの相場の値動きを読めなくても、複数の取引所をチェックして、価格が乖離した時点で素早く注文を出せば完了します。

売買では取引所に所定の手数料を支払うので、手数料が安いこともポイントです。
価格差は通常の値動きに比べて小さいため、手数料を抑える重要性が高まります。

時間との勝負になるから、予め主要な取引所に口座開設をしておきましょう。
資金の分散はもちろんのこと、よく取引する仮想通貨も保有しておくと、手続きが少なくなることからスムーズな売買です。
仮想通貨の移動をすると時間切れになる恐れがあるので、結果的に儲けになる形で最速を目指す必要があります。

副業で有利な赤澤天道のGoodニュース

海外取引所にも口座開設を行う

アービトラージでは仮想通貨の価格差を狙うことから、海外取引所にも口座開設をしておくのが基本です。
国内取引所のみではチャンスが少なくなるので、信用できる海外取引所もいくつかピックアップすることをおすすめします。
事情が違う海外取引所では、国内取引所に比べて価格差がよく出るのです。

海外取引所では珍しい仮想通貨も多く扱っているため、利益を出しやすくなります。
同じ時間と手間をかけるのならば、自分がより儲かる選択肢を選ぶのは当然です。

価格差が出ていない時には売買をしないことが大切で、他の投資方法に比べてチャートや取引レートを監視する時間が長くなります。
仮想通貨のアービトラージ用のアプリなどを使って、自分の手間を減らしましょう。

仮想通貨の爆発的な値動きは、初心者には制御しにくいのが特徴です。
適正な価格に戻っていく途中で飛び乗るアービトラージを駆使して、安全にお金を増やすことをおすすめします。

仮想通貨とはどんな特徴があるのか

社会人で今時、仮想通貨というのを聞いたことがないということはないでしょう。
実際に自分が仮想通貨を取引したことがあるかどうかというのはともかくとして、仮想通貨なるものが世界中にあり、取引されているということくらいはもはや社会常識といっても過言ではないくらいに認知度が高くなってます。

この仮想通貨なのですが、通貨という名前がついている以上、通貨としての価値があるのか、ということが疑問に思うことでしょう。
実際、そんなに使われているわけではないですが、そもそも設計思想としてはそれが目的で仮想通貨は作られたわけです。

まず、国際的な通貨として使えるように、というのが目標になっています。
どうして国際的な決済なんかに使える通貨を作ろうとしたのか、ということですが、国際間の決済には物凄くコストがかかることになるからです。それに時間もかかることになります。

今では銀行間の決済などは即時反映するというようなこともあったりするのですが、国際的な取引で結構な金額になってしまうということになりますと時間もかかりますし、手数料が今でも高いです。

ですが、仮想通貨でのやり取りというのはかなりリアルタイムに反映されるということになりますし、その上でコストが恐ろしく低くやり取りができます。
そんな仮想通貨なのですが仕組みとしては、まず知っておくべきなのがブロックチェーンという技術が用いられているということです。

デジタルデータにおける最大の不安というのは、改造されてしまったりとか盗まれるといったような心配なわけですが、盗難はいくつか日本でも報告されているので確実に盗まれることのないものであるとは言えないです。

しかし、ブロックチェーンというものによって改竄はほぼできないようになっています。
これは要するに今までの取引履歴がすべて書かれているものになります。
そして、より長い人のほうが正しい仮想通貨として認定をされるわけです。

そうなると改ざんできそうと思うかもしれませんが、不可能とは言いませんし、技術的にそれが出来ないとも言い難いのですが実際問題としてそれをしようとすることよりも、新しく仮想通貨を採掘した方が手っ取り早いということになりますので、事実上心配することではなくなっています。

但し、やはり様々な仮想通貨があります。草コインと呼ばれる有象無象系の仮想通貨も増えていますから、その点だけは注意して購入するようにしましょう。

仮想通貨の取引をすること

仮想通貨での取引をする前に、基本的に仮想通貨とは一体どのようなものであるのかなというものを理解しておきましょう。

ビットコインというのが仮想通貨では最も有名であり、最も多くのシェアをとっていると言えます。
ですから仮想通貨というのはそれなりに設計思想が違ったりということはあるのですが、基本的にビットコインの構造を知っておくことが重要でしょう。

このビットコインというのまず、貨幣単位としてはBTCという言葉を使うことになっています。発行上限が2100万BTCとなっています。

そして自動プログラムによって発行されているということになりますので、発行元というのが基本的にいないわけで、計算上はビットコインは2140年までに2100万のコインが発行されることになっています。
発行量が決まっているわけですが、約4年ごとに半減させながら発行していくためインフレが起きないようにということが構造的に認められています。

価値が下がりにくいというのは投資をする上ではとてもありがたいことです。
仮想通貨の投資において、とても大事になるのが価値が上がることです。
つまりは仮想通貨投資というのは値が上がることを予想して購入するということになります。

これが第一の原則ではあるのですが、当然株式取引のように空売りができないわけではないので、値が下がる事が予想されているのであれば、それを空売りするということで利益を出すと言うんや取引できるようになっています。

仮想通貨はこれからますます普及する可能性はあります。
少なくとも一切認められないというようなことはないくらいには今現在少し普及してきているものではあります。
電子決済などがこれからますます増えていくということは間違いないので、仮想通貨などもその決済の一つに入るというような可能性はあります。

需要が高くなれば、それだけ仮想通貨価値が上がるということになります。
ですから、今現在、様々な仮想通貨は既に結構な価格まで価値が上がっているといえるのですが、それでも今後もそれなりの価値の上昇が見込めることでしょう。

或は下がることを予想して空売りをすることもよいでしょう。
どちらにせよ、仮想通貨は持っていることによって、配当などがでるわけではありませんから、売買をして利益を得ることがまずは目的になります。

それは騰がる、下がる、ということを予測するということにはなるわけですが、この二つのことにアプローチするのです。

コンビニATMからでも仮想通貨は購入可能

副業で知られている仮想通貨への投資ですが、主にインターネットを通してでしか購入ができないと思われがちですが、実はコンビニエンスストアに設置されているATMから仮想通貨の購入がこの2021年の7月から可能となっています。

コンビニのATMで仮想通貨が購入可能な店舗については、サークルが仮想通貨を日本であれば日本の法定通貨で購入可能となっており、最低限のメールアドレスさえあれば、購入した仮想通貨のウォレットアドレスが送られてくるというような仕組みです。

この仕組みの利点は、仮想通貨の取引において煩わしいと思える段階認証を回避することができる点です。
これは、段階認証という物を銀行ATMが代わりに引き受けるという方法で成立しますので、本人確認を必要とすることなく、ATM側が自動で本人の確認を行う点が利点です。

何故、このような利点が必要になるかですが、実は仮想通貨のトレードや購入における段階認証はスマートフォンなどで仮想通貨の取引所にアクセスした際、スマートフォンのバージョンやスマートフォンの提供会社によっては動作がうまく行われず、段階認証をパスすることができないという問題があるのです。

段階認証をパスできないと仮想通貨の購入ができず、入金や出金という作業も行うことができないのです。
入金や出金ができないとなると、仮想通貨の売買はネット上で行いますので取引所にアクセスしても仮想通貨の購入すらできないです。

もちろん、これらはクレジットカードのような決済法を採用しているのであれば、仮想通貨の購入は可能ですが、皆が皆仮想通貨の購入にクレジットカードを所有しているわけではないため、現金で仮想通貨を直接購入する銀行決済があるのは良いことです。

そして、その銀行決済を安定化させるためにコンビニによるATM決済が、うまく機能している点もよい点で、要は仮想通貨の購入における決済法が増えることは、今後仮想通貨の購入を増やす起爆剤になる可能性があります。

日本では現在の所、仮想通貨のトレードなどは電子取引に当たるため、銀行を通しての入金に関しては、免許を必要としており、コンビニのATMで仮想通貨の購入を可能としているサークルKは東京にある一店舗だけですが、今後、仮想通貨の取引における法律が変化した場合、全国のコンビニが仮想通貨のトレードの為に、ATMを開放する可能性もかなり高まりつつあります。
現状としては、今後のコンビニのATMも仮想通貨への投資の端末となるとみてよいでしょう。

ビットコインが大きく上がった理由

ビットコインが大きく上がった理由の1つとして言われているのがアメリカにある自動車会社が決済の手段として承認することにしたことです。

しかし、認めたはずのビットコインでの決算を停止することを米の自動車メーカーが発表したことによって2021年に大幅に下がってしまいました。

そして、ビットコインで自動車購入の決済をするためには、どんな再開条件が必要になるのかについての情報が伝わったことで、またビットコインは上がっていくなど日々の動きが凄くあるのが特徴です。

為替など昔からある通貨が大きく動いていくために必要な期間は長いのが普通ですが、ビットコインの場合だと価格が2倍になるのにかかる月日は一ヶ月ほどです。

もちろん年がら年中上がるわけではなくて、一定期間だけ急騰することがあるから、じっくり待つようにして仮想通貨が高値を一気に更新するほど大きく上がっていくチャンスをぜひ、ものにしてほしいです。
ビットコインが4万ドルにまで上昇したと評判になったことがあるのですが、仮想通貨は急な変動をして下がる危険があるのが当たり前なのだから過度な期待をすることは禁物です。

仮想通貨が最高値を更新したから勢いが凄くて安心して買える相場になったと思うでしょうが、上昇が終わってしまうリスクを考えておいて、用心をいつでも忘れないでおくことが賢明です。仮想通貨にとって良い情報をスマホで知ることはよくあるでしょう。
例えば、時価総額が1年ぐらいで5倍ぐらいにまで上昇したからビットコインへ投資をした方がいいといった口コミをスマホで読むことがありがちです。

ただ、仮想通貨が上がる勢いが長く続かない場合があるから、評判が良くなっている時であっても期待し過ぎないことが肝心です。
上昇気配の時を狙って仮想通貨を買うようにするべきだし、下がってしまうよりも前に利確の決断を行うことが投資の副業のリスクを上げないための秘訣です。

ただ、長期投資をビットコインでしたいと希望している人なら、価格が上がっている時ではなくて、むしろ下がっていて割安な時に買うという戦略はアリです。

ちょっと前まで上昇し続けていたのにしばらく低迷していたり、再び上に向かって動き出すなど上下の動き方が単純ではないからビットコインやイーサリアムへ投資をする場合は柔軟な判断をすることをおすすめします。

SNSでもご購読できます。